【瀬古利彦という男】マラソン成績・しくじり先生で判明した新事実も!

瀬古利彦さんが提案したマラソン強化プロジェクトの第一弾となる北海道マラソンがいよいよ開幕しますね。ここで瀬古利彦さんの現役時代の話をまとめてみます。

スポンサーリンク

高校時代

高校時代からかなり有名だった瀬古さん。その前のこともちょっと書いておきます。

1956年7月15日生、三重県出身。小学校の頃は『巨人の星』を見て野球選手に憧れていたそうだ。劇中の「野球で上手くなりたかったら走りなさい」と言うセリフから、毎日走ることを決意します。

小学校は毎日3㎞、中学時時代は毎日10㎞をノルマに課していたそうだ。なお部活とは別に、である。

そんな中、陸上部の顧問から助太刀のお願いが。そこで県記録を樹立し、陸上を本格的に行うことを決意。陸上の名門校、四日市工業高校に入学した。

スポンサーリンク

中長距離で8冠!早大受験も…

その能力はかなり早くから開花する。インターハイは800mと1500m、国体は1500mと5000mに出場し、2年生・3年生で全て優勝!つまり8冠達成と凄まじい活躍を見せたのだ。

よくよく考えると800mと5000mは全く別物…天才ぶりを発揮していますね。

多くの大学から勧誘があった中、父と将来を話し合った結果、早稲田大に進学することに。ただ、当時はスポーツ推薦の制度はなく、走りに集中していたため不合格となってしまう。

1年間浪人することになったが、早稲田大から「アメリカ留学した方がいい」と言われ渡米。浪人生活が始まった。

スポンサーリンク

浪人時代

その浪人時代、天才ランナーが初めての挫折を味わいます。

自己管理に失敗!体重増加!ディスコ通い!?

なんと渡米2か月後に体重が10㎏増加。ホームシックにかかってしまい、そのストレスを食べることで解消していたためだ。当然試合でも走れなくなり。そのストレスでさらに過食…。

さらに、自由な雰囲気に感化されてか、金髪の女の子とディスコ通いに明け暮れる始末。今まで意識したことのなかった自己管理で大きな失敗をしてしまう。

早稲田大時代

勉強は何とか頑張り、早稲田大には合格しました。ただ、陸上への意識はかなり低くなり、箱根駅伝を1度くらい走ってあとはごまかしておこうという、かなりまずいメンタル状態だった。

中村清先生との出会い

それが変わったのが恩師となる中村清監督との出会いだ。

初対面で中村清監督は「早稲田が弱くなったのは、OBである私が情けなかったからだ」と自分の顔を本気で殴りまくったのだ。さらに「この砂を食べれば世界一になれると言われれば食べられるか?俺は食える」といって、砂を食べまくる…。

あっけにとられている瀬古に中村監督は「お前の高校時代の映像を見た。素晴らしいスパートだ。だが、その短い脚では中距離で世界は取れない。やるならマラソンだ。世界一にしてやる」と言われ、マラソンを決意。そして猛練習が始まる。

スポンサーリンク

箱根駅伝エース区間2区で区間新記録!

朝練習で20㎞、大学の授業を挟み、夕方に40㎞前後の練習、夜からは監督の講義を受けていたそうだ。更に練習中の水飲みは禁止、私語は禁止、長髪も外食も禁止、友人も恋愛も禁止…

まるで修行僧のようなスケジュールとなった。こなせたのは監督から言われた言葉

「努力する天才になりなさい」

を胸に刻んだから!

大学でメインになる箱根駅伝は4年連続エース区間の2区を走り、1年時は12位、2年時は2位、3年4年は連続で区間賞。4年時は区間新記録もマークした。

大学4年で宗兄弟を破り、福岡国際マラソンで優勝!

マラソンは大学1年生の頃から出場していて、2年時の福岡国際マラソンで5位へ。そして3年時にもう一度走った福岡国際マラソンが瀬古利彦の名前がお茶の間にも浸透する。

当時、最強の双子ランナーと言われた、宗兄弟がエントリー。特に兄は世界歴代2位の記録を持っていて注目されていた。

その双子ランナーをなんと撃破して優勝する!しかも世界歴代10位の好記録だった。翌年も優勝しモスクワ五輪の代表に決定

なお、その1か月後にあった箱根駅伝では、多くのファンが押し寄せてウォーミングアップができないことを懸念して「影武者瀬古」を用意したとか。人気が膨れ上がっていた。

エスビー時代

大学卒業後はエスビー食品に入社。中村清監督もヱスビー食品の監督となり、二人三脚は続いた。

スポンサーリンク

マラソン15戦10勝!3度のオリンピック選出!

これは凄いですよね。「マラソンの神髄」の本を出されていますが、語られるだけありますね。勿論、モスクワを含めて3度のオリンピック選出されています。

ところが、オリンピックでは一度も勝てませんでした。何があったのか詳しく記載します。

モスクワ五輪:日本が不出場…12月にメダリストと決戦!

1980年モスクワ五輪に関しては、周知の通り、政治の問題で日本が不出場するのですよね。瀬古さんご本人は「200%勝てる自信があった」そうです。

そのモスクワ五輪から4か月後、金メダリストが福岡国際マラソンに参戦します。瀬古さんも勿論出走し、金メダリストを撃破して優勝します!

ロサンゼルス五輪:絶頂期も…

その後もボストンマラソンで優勝!世間も1984年ロサンゼルス五輪の金メダル候補と言われるようになる。瀬古さんも勿論その気でいました。

ところが、色んなしくじりをおかします。

スポンサーリンク

1年10か月にも及ぶ怪我の謎!「ノルウェイの森事件」

調整のために行ったヨーロッパ遠征で足をひねって全治1年10か月の大怪我を負い、レースから2年間遠ざかってしまいます。

怪我をした理由は中村監督にさえ明かしていなかったのですが、しくじり先生で初めて話しました。

 日光浴をしていた全裸の女性に見とれていたため

夏が短い欧米ではそういう習慣があるそうですが、慣れていない日本人の瀬古利彦は思わず集中を切らしてしまったそうです。

「全全全裸」「ノルウェイの森事件」とかどこからか怒られそうなセリフを語っていましたが、2年は大変な怪我でした。

それでも努力の天才の瀬古利彦さんは、復帰戦の東京国際マラソンで優勝!そしてジュマ・イカンガー選手と残り100m決戦となった福岡国際マラソンで優勝!

国際大会連覇で瀬古フィーバーは最高潮を迎えます。はとバスが立ち寄って練習を見学したり、大御所の美空ひばりさんや北島三郎さんが車から応援する程になります。

スポンサーリンク

練習量を増やしすぎ調整大失敗!「血尿」

だが、このフィーバーが瀬古さんの練習を狂わせます。「もし金メダルが獲れなかったらどうしよう」とプレッシャーを感じ、どんどん練習量を増やしていきます。

その結果…、五輪のレース2週間前に異様な疲労感から血尿が出てしまいます。「終わった」と思ったそうです。

実際、五輪は14位と惨敗。バッシングを受けるだろうとしょんぼりと帰還します。

ソウル五輪:監督の死、ライバルとのいざこざ

ところがそうでもなかった。中村監督が機転を利かせ「瀬古の嫁を募集します!」と持ち掛けたからだ。

段ボール3箱分のお見合い写真が届き、しかもそこから本当に結婚することになった。

スポンサーリンク

若手のホープ中山竹通!

ところが、結婚式の3週間前に中村清監督が事故で急死、恩師が亡くなったことで1988年のソウル五輪に向けてとてつもなく不安になったのだ。

そんな中、国内にライバルが出現した。「瀬古さんなんか大したことない」発言など数々のコメントを残し、マラソンの異端児と言われた中山竹通選手だ。

実際、1985年のワールドカップマラソンで瀬古利彦の持つ日本記録を更新して優勝!世間は一気に中山選手を金メダル候補というようになった。

自信を失う瀬古に妻は「天国の中村監督を喜ばせてあげて」と励ましたそうだ。瀬古さんはもう一度奮起し、国際大会3連覇します!息子も誕生し、もう一度軌道に乗り始めます。

そして1987年12月、ソウル五輪男子マラソン選考会と指定された福岡国際マラソンで、中山選手と勝負することになります。

スポンサーリンク

選出でのバッシング!

ところがだ。その3週間前、調整を兼ねた駅伝大会で左足腓骨を剥離骨折してしまいます。

ゴール後にタイムを計ろうと時計のスイッチを押そうとした時に脚をひねってしまったそうで…。なお、普段はそういうことはしないそうで、焦りがあったのかもしれない。

この時に「俺なら怪我を押してでも出場する」と発言した中山選手が福岡国際マラソンで優勝、日本人2番手の選手も選ばれて、五輪代表は残り1枠となった。

翌年の3月に行われた琵琶湖毎日マラソンに瀬古選手は出場し、2時間12分台ながらなんとか優勝。3枠目を勝ち取った。

ところがこれが波紋を呼びバッシングを受ける。瀬古さんのタイムが福岡国際の日本人3番手よりタイムが悪かったせいだ。

自宅に「今から殴りに行く」と脅迫電話がかかってきたり、カミソリ入りの封筒が送られたり、練習時に「バカヤロー」と心無い言葉を浴びせられたそうだ。

最後にもらったプレゼント

これらのバッシングで「うつ状態」になってしまった瀬古さん。初めてマラソンが辛いと感じてしまいます。

妻の励ましの言葉で何とか立ち直り臨んだソウル五輪。結果は4位中山選手、9位瀬古選手という結果。マラソン15戦10勝の男は、ついに五輪で入賞することができませんでした。

帰国後、バッシングを受けることになりますが、2歳の息子から手作りの金メダルをプレゼントされます。「一生の金メダル」と瀬古さんは語っていました。

その年の冬に行われた第1回国際千葉駅伝で日本チームのアンカーを務め、現役引退。その後、早稲田大のコーチ、ヱスビー食品の監督を務めながら、解説も行います。

スポンサーリンク

現在の瀬古利彦

2013年4月よりDeNAランニングクラブ総監督に就任、2016年11月から日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーに就任。選考方法を明確化させ、マラソン大国日本の復興を目指しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする