【衝撃のアノ人に会ってみた!】襷をかけ忘れた亜細亜大・田中寛重選手とは!?【箱根駅伝スペシャル】

今年になって、バラエティ番組「衝撃のアノ人に会ってみた!」で『箱根駅伝スペシャル』が放送されるようになりましたね!

2017年11月16日(木)の19時からの放送でも行うそうです。

スポンサーリンク

箱根駅伝スペシャル!
今が気になる4人を大ツイセキ
前代未聞!タスキを忘れたアノ選手…驚きの転身&衝撃のウラ話
10年前、病と闘いながら走った男…今、明かされる感動秘話
出典:http://www.ntv.co.jp/anohito/

4人とありますが、事前に紹介されているのはこの2選手のようです。

その2選手を番組事前に紹介しようと思います。

亜細亜大・田中寛重~タスキをかけ忘れた選手

参考資料:報知スポーツ(http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/20161206-OHT1T50224.html)

久保田竜雄/平成箱根駅伝B級ニュース事件簿

スポンサーリンク

第66回(1990年)箱根駅伝第6区

第66回箱根駅伝の復路スタートの6区、

1位の大東大がスタートしてから10分後、

一斉スタートの集団が走り出した。

50mほどにある左折する部分で

一人のランナーが血相を変えて引き返してきた。

そのランナーこそが亜大の当時1年・田中選手でした。

スポンサーリンク

「タスキ、タスキ」

大声を出して、付き添いの先輩を探す田中選手。

襷は前日5区出走し、この日田中選手の付き添いをしていた

松葉選手に預けていたのだ。

首にかけて目立つようにしていたのに、

本人も先輩も役員など周囲の人もスタートまで

誰も気づかない珍事が起きていた。

気づいた松葉選手も猛ダッシュ、

普通は無い5区と6区の選手の直接のたすきリレーとなった。

最も、40秒程タイムロスとなったそうですが…

田中選手はしっかりとロスの分を取り返そうと

序盤から飛ばしていきました。

8㎞で東京農業大と駒澤大を捉え、

10㎞手前では両親の応援もあり、更に加速していった。

ところが、ここでアクシデント。

左ふくらはぎがつってしまい、

大幅にペースダウン。

結局残り200mで東農大と駒大に抜き返され、

見た目最下位で中継。

タイムは65分55秒で区間14位、

設定タイムは61分だったそうで、

ロスタイムを入れてもブレーキの走りとなってしまったのです。

その後の競技生活~2年冬で引退

来年こそと雪辱を誓った田中選手ですが、

大きなアクシデントが襲います。

2年秋に交通事故に遭い、ろっ骨を骨折。

その骨は肺を突き刺していたそうです…。

2年冬に退部すると、

3年生の間に退学。

箱根駅伝も意識的に見ないようになってしまうなど、

人生に暗い影が落ちていた時期もあったそうです。

現在は代表取締役社長!~母校の優勝で箱根も楽しく

暫く、家業の農業を手伝っていたそうですが、

24歳の時に電気通信事業の会社に就職、

その後独立し、今は24人のスタッフを抱える

代表取締役社長になっているそうです!

第2の人生で素晴らしい人生を歩まれています。

また、箱根駅伝も第82回(2006年)の時、

母校が優勝したことを皮切りに、

楽しんでみることができるようになったそうです。

今後とも充実した人生を送られたら幸いですよね。

テレビ番組より

追記:応援に来ていたご両親はラジオで「一人戻った」とだけ聞き、「うちの子じゃなければいいなぁ」と思っていたとか。

中々寛容そうなご両親で良かったなぁと思いました(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする