【24時間テレビ】マラソンランナーブルゾンちえみさん!高校時代は長距離の選手!?

毎年恒例の24時間テレビのマラソン。
今回は番組放送中まで引っ張る異例の演出の中、

選ばれたのは「35億」のネタでブレイク中の
ブルゾンちえみさんでした。

ところで、こんなこと思った人いませんか?

事前に少しだけ練習していたとはいえ、

あんな太っている人が24時間も走れるのかよ

でも実はブルゾンちえみさん、走るのは得意なのです。

スポンサーリンク

高校時代は陸上長距離!岡山県選手権で7位入賞!

高校時代は陸上部で長距離をされているのです!


藤原史織というのが本名なのですが、

このとおり、高校3年生の時に岡山県選手権3000mで7位入賞されているのですよね!苦手どころかむしろ専門分野ともいうべきなのです。

なお、1位の小原怜さんは今は実業団の強豪・天満屋で走られて言います。そんな人と同じ土俵の上で戦ったうえでの入賞なので凄いです。

ただ、体重が当時より40㎏→70㎏に増えていることが懸念されていますが、何とか走られているかな。

坂本トレーナーいわくポテンシャルも高くやる気があるそうです。30㎞走の練習もこなせるくらいだそうです。

途中から左股関節が痛いとの話でしたが、時速7~8㎏で走っているそうです。

スポンサーリンク

走る理由その1

「みんなにエールを送る偉そうな事は言えないけれど、何かを諦めようとしている人に伝えたい」

「あと少しだけ頑張って欲しい」

これが一つ目の理由だそうです。

昨年の今頃は芸人としての仕事がなく、岡山県の実家に帰って教師を目指そうとしたそうです。

しかし、悔いのないようにしたいと思い、大好きな人が大好き曲を使用して、2017年1月1日のぐるナイで「35億」のネタを披露、

まさかの大ブレイクとなったそうです。

そういう人ならこのメッセージは強烈ですよね。

高校時代走る理由その2

高校時代、第一志望の大学の面接に落ちた時

坪井先生が「お前の魅力がわからない大学に行く必要はない」と励ましてくれたそうだ。

その坪井先生とブレイクした後、今年6月に再開したそうです。

その時、先生の娘さんが「悪性リンパ腫」という癌の病気と闘っていることを知ります。

その娘さんに勇気を与えることができたらと思い走っているそうです。

その思いが突然の発表でも90㎞脚を動かさせたのだと思います。

ブルゾンちえみさん、お疲れさまでした!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする