風が強く吹いている(アニメ) 第3話【感想】※箱根駅伝ファンが解説

参照サイト:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

原作:三浦しをん『風が強く吹いている』
2006年9月22日新潮社より刊行
2009年10月31日に実写映画化
されている、箱根駅伝を題材とした青春スポーツ作品

他、三浦しをんさんの作品
2006年3月『まほろ駅前多田便利軒』※直木賞受賞
2011年9月『舟を編む』※本屋大賞受賞、2016年アニメ化

原作は『小説』です。しかも実力がある方が描いた内容です。
普段アニメを見ない人でも安心して見れる作品です。

アニメ:風が強く吹いている

アニメ公式サイト:http://kazetsuyo-anime.com/
アニメ公式Twitter:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

2018年10月2日深夜・日テレで放送開始!

【スタッフ】
監督:野村和也
シリーズ構成・脚本:喜安浩平
キャラクターデザイン:千葉崇洋
アニメーション制作:Production I.G
企画協力:新潮社

【キャスト】
蔵原走:大塚剛央
清瀬灰二:豊永利行 ほか

スポンサーリンク

今回は、アニメ第3話「花、一輪」の感想・レビューとなります!

3話あらすじ

ネタバレになります。灰色で囲います。

ハイジの口説き(脅し?)の甲斐もあって
一応10人朝練参加することになった。カケルも「今日だけ参加」とのこと
アオタケから多摩川の河川敷まで走るとのハイジの言葉に
騒ぎ出したのは『なぜ?』と書かれたTシャツを来た王子だった
「河川敷まで5㎞…往復10㎞もあるじゃないか!」

そんな中、カケルは一気に走り出す
早すぎるカケルに他のメンバーは呆然と見送るが
ハイジの声掛けでみんなもそれぞれ走り出す
王子「人の尊厳は」最後までだだをこねるも
引っ越し用ダンボール箱見せられ走り出さざるを得ないことに

カケルは一番として、双子・神童・ムサの順番にたどり着くも
それぞれ息絶え絶えに
ハイジは王子に付き合う 王子のペースは蝶々よりも遅いペースだったが、
何も言わずに見守っていた。

ようやく王子も到達し河川敷に集合すると、カケルだけいなかった
っすると河川敷をずっと走っていたカケルが戻ってきた
「ただ待ってると体冷やすので」

「これで分かっただろう」「どれだけ馬鹿げているか」「箱根は20㎞はある」
「厳しいトレーニングをしてきた人たちと競わないといけない」
「10年やっても追いつけない」
カケルはそう言い残すと走って戻っていった
ハイジは残り8人に「大丈夫、本番まで10か月もない」
なぜか自信満々に言い放った

朝食中、ハイジが箱根駅伝出場選手の具体的な記録を説明していた。
「箱根駅伝だいたい5000m14分台前半、まずはそこを一つ目安」
ユキ「1㎞3分ですか」キング「カップラーメンできる間に1000m」
王子「それ分かりづらい…」ムサ「人が走るスピードではない」
ハイジ「ムサが住んでる村にはゴロゴロいるだろ」ムサ「また偏見です」
ブーブー文句を言う面子に
ハイジ「分かってないと目指しようもない」そう言いながら、
ニコチャンがくわえたタバコを奪っていったのだ
カケル「そんな妄想を」
そう言いながらカケルが朝食に顔を見せた
ハイジ「いいのか飯は」カケル「借りを作りたくないので」

2日目
朝練習に集まったのは7人のみ
ハイジが起こしてくるというと、「ユキはクラブからまだ帰ってないからいないよ」と
待ってくるというハイジに反発するように、カケルは一人河川敷に走り出していった
河川敷に到達したときだった
高校の制服を着た女の子が土手の上に自転車を止めた。
そして、河川敷の坂をカケル目掛けて走り落ちてくる
「もしかして寛政大の人ですか?寛政大陸上部、ハイジさんって知ってます?」
カケルはあっけにとられ知多

他の出走メンバーも集まって目まんまる
カケルも「ほっとくわけにも」と今回は近くで体を動かしていた
ムサ「ヤオカツの子だ!」
ムサのバイトしている商店街の女の子だった

「みなさん、頑張ってくださいね」
かわいい女の子の言葉には、全員ん「はい!」と言わざるを得なかった。
なお、王子は完全に倒れていたが…

場面はユキのクラブで
「ヤバイ将来安定じゃん」「将来助けてもらおう」
弁護士資格をちらつかせて、ギャルのアドレスをゲットしようとするユキ
「俺も教えてもらおうかな」現れたのはジャージ姿のユキだった

ユキ「頭おかしいな!!」クラブから出ざるを得なかったユキが激高する。
ハイジ「あ?すまない耳が よくいられるなあんなところに」
ユキ「無駄だ!俺には走る理由もメリットもない!!
思い出作りも友情も必要ない
この1年はこれまで頑張った俺へのご褒美だ」

ハイジ「俺の方にもあるんだ、10人いないと箱根でれられない」
ユキ「お前の為に存在してるわけじゃない」
ハイジ「まあ俺のほうだけ押し付けるのもフェアーじゃないな」
ハイジ「俺も明日来る」ユキ「は!?」ハイジ「お互い尊重しあおう!」
ユキは何も反論できなかった

3日目
ユキ「絶対ばっくれてやる!」そう言いながらアオタケの外に出たところだった
昨日のヤオカツの子(はなこちゃん)が既におり、
男子全員、真剣にストレッチをする姿が…

いつも通り真っ先に走り出そうとするカケルにハイジが声をかける
「全員のタイムを取ってほしい」なんで俺がと反論しようとするカケルだが、
はなちゃんの手前やらないわけにはいかなかった。

ハイジによると、
「練習計画を取るための資料がほしい
そのための今日のタイムだ 手を抜かないように
はなちゃんにもそのつもりでみんなのこと見てもらう」
とのこと

全員河川敷に集合
ユキ「あれはハイジの女なのか? 女までちらつかせやがって」
ユキは手を抜けない状態にイライラしていた
なお、今回の走りでムサ「キングさんがポテンシャル秘めてる」
と話題にもなった。

ハイジがみんなに声をかける
「嘘じゃなかっただろ」
「頑張ったら、女の方から寄ってくる たった3日だ」
「このまま実力をつけて世間で話題になったとしたら」
この言葉にジョージジョータの双子が陥落する

ユキ「騙されてるな」ムサ「騙されてますね」
まだまだ多くのものは白い目で見ていたが…

ハイジ「頂点なんか取ったら大変さ」「箱根の山は天下の嶮だからな」
ハイジ「箱根の山は」双子「テンカノケン!」
よくわからない青春の姿がそこになった

その時、神童が呟いた
「もう少し続けてみよう」
ムサたちは少しびっくりする。
ニコチャン「お前はあきらめさせるんじゃなかったのか?」
カケル「そりゃ、王子さんなんてまともにゴールできていないんから」
キング「でもなんあんだ、あいつのあの自信は」
それぞれの思いを抱えている

その時、一人の男が土手の上からカケルらの姿を見て
後ろから見て、はっとなっていたが…
キング:

夕方、はなちゃんが手伝っている八百勝に
ハイジが買い物にやってきた
ハイジ「選手はギャラリーがいるとパフォーマンスが上がるもんだ」
「横で見ているだけで全然違う」
はなちゃん「叶うといいね ハイジさんの夢」
「4年も待ったんだ、叶うさ」「なんでも力を貸す」
ご主人も協力的だった。

ジョータ「予選会って?」
鶴の湯では箱根駅伝予選会のことが話題になった
ニコチャン「まあ本戦のことしか知らないよな」
神童「前年でシード権10校以外は、予選会から参加資格を得ないとならないんだ」
「予選会はどのくらい参加するの」「50校くらい?」
「5分の1じゃん、これから頑張れば届くんじゃない?」

「簡単にうな」
カケルが声を荒げ始めた。
「その5分の1のチームは、どのくらい厳しいトレーニングと積んでると思ってるんだ」
「予選も誰でも出られるわけじゃない」
「5000m16分半、10000m34分以内の公認記録が必要」
「それだけの記録を予選会よりも前に出さない」
「一人二人早いやつがいても意味がない」「全員がレベルが高くないとダメ」
「たった10㎞でもまともに走れない素人が目指していいものじゃない」
「分かるだろう、あの人の言うことがどれだけ無謀なことか」

息まくカケルにみんな少しぽかんとなった。
そして双子が口を開いた
ジョータ「というか、カケルはなんなんだ?」
ジョージ「速いのに、何ビビってるの?」
カケル「な!?」
ジョータ「心配してくれてんのかもしれないけど、いいじゃん」
ジョージ「走ってよ、一緒に」

カケルは答えに窮した。
確かに、目指すだけなら勝手ではある
カケル「俺は・・・誰かに合わせられるほど器用じゃないんだよ」

翌朝、カケルがおらず揃っているのは9人
ムサ「一日だけでしたね、揃ったの」
双子「ヘソ曲げちゃったかなぁ?」
ハイジ「?」

カケルは既に河川敷まで走っていた
息を整えていると、
「やっぱりだ」
カケルがびくっとなって振り返る
「久しぶり、蔵原」
一人の茶髪の男が笑顔で蔑んだ目でカケルを見つめていた

スポンサーリンク

感想

はなちゃん登場はやい!
原作小説では夏前だったはずなのですが、
始動し始めた寛政大陸上部の前にすぐ現れました。
しかも原作より幼く、女子高生設定に!?

確かに、素人の上、全くやる気のない部員たちを
早い段階で動かしていかないとならないので、
「年下のかわいい女の子」がいる状況にする必要があったのでしょうね。

前々からハイジもツテを作っていたようですし、
うまく藩士の整合性を合わせてきましたね。

個人的にはハイジのキャラになれてきました。
クラブ通いのユキの説得「俺も行く」には笑うしかなかったですね
双子を掌握し、神童も引き入れましたし、
これで箱根を目指す男が4名に…!
ここから一気に全員やる気になる流れになっていきますかね!?

そして最後に怪しげなキャラが出てきていましたが、
いい感じの悪役になりそうですね~(Fate/stay nightのワカメに似すぎw)
おそらく、次回のカケルの過去に触れられそうです。
明らかに強豪校にいそうな走力があるのに、
人目に隠れるようにして生きているのか…目が離せません!

箱根駅伝ファンによるガチ解説

根っからの箱根駅伝ファンなので、
どうしてもアニメでは描き切れないルール的なところや
実際の状況・実態を
Q&A方式で解説していけたらと思います。

スポンサーリンク

Q.箱根駅伝予選会についてもう一度詳しく!

A.昨年までのルール適用となっています

カケルが「5000m16分半以内、もしくは10000m34分以内10名」と
話していましたね。

前回(2018年正月)までの箱根駅伝の予選会に出場するには
上記のタイムを切っている選手が10名以上いる必要があります。

箱根駅伝予選会は10月半ばに行われますが、
エントリー締め切りが9月末までなので、
それまでに出さなければなりません。

だいたい箱根予選出場資格が得られるのは、50校弱程

本戦出場は基本10枠なので、
約5分の1が本戦出場権を得るのですが、

その5分の1に入るには、
ハイジの言うように「14分半以内が10人以上
そのくらいの走力を10月半ばに身についていなければ
その5分の1を得ることはできません。

…すごく厳しい条件に、素人が挑もうとするのが分かると思います。

(なお、95回(2019年正月)のは声駅伝の予選会は、10000m34分以内のみになりました。条件が厳しくなり、参加は39校に留まっています)


次回の怒涛の展開に期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする