風が強く吹いている(アニメ) 第2話【感想】※箱根駅伝ファンが解説

参照サイト:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

原作:三浦しをん『風が強く吹いている』
2006年9月22日新潮社より刊行
2009年10月31日に実写映画化
されている、箱根駅伝を題材とした青春スポーツ作品

他、三浦しをんさんの作品
2006年3月『まほろ駅前多田便利軒』※直木賞受賞
2011年9月『舟を編む』※本屋大賞受賞、2016年アニメ化

原作は『小説』です。しかも実力がある方が描いた内容です。
普段アニメを見ない人でも安心して見れる作品です。

アニメ:風が強く吹いている

アニメ公式サイト:http://kazetsuyo-anime.com/
アニメ公式Twitter:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

2018年10月2日深夜・日テレで放送開始!

【スタッフ】
監督:野村和也
シリーズ構成・脚本:喜安浩平
キャラクターデザイン:千葉崇洋
アニメーション制作:Production I.G
企画協力:新潮社

【キャスト】
蔵原走:大塚剛央
清瀬灰二:豊永利行 ほか

今回は、アニメ第2話「鬼が来りて」の感想・レビューとなります!

2話あらすじ

ネタバレになります。灰色で囲います。

Aパート
「絶対に箱根は無理だ」
場面は前日の歓迎会、走がハイジを睨みつけて言い放ったところに戻る
「陸上の強豪校が毎日何年かけても、
それで一握りのチームしか出場できない、そういう大会だ」

そんな走にハイジは「大丈夫だ」と言い、
他のメンバーの紹介を始める。

ニコチャンは陸上経験者、
ユキは剣道は県大会進出者
キングと双子はサッカーをやっていた
神童は、毎日10㎞山道走って通っていた
そして、ムサの隠れた潜在能力
ムサは慌てて「黒人が脚が早いのは偏見です」と答える
「筋肉の質がいいのは確かめてある」
「だからいつも風呂場でジロジロ見てたんですか」

「あのー」王子が漫画を読みながら声をあげる
「俺は呼ばれていないみたいだから走らなくてもいいのですか?」
「王子も数に入ってる」ハイジはきっぱりと言い切った。

『ガタッ』走が黙って立ち上がる音だ。そのまま扉へ向かう。
「走る気ないんで、あんたたちと」部屋を出ていった

翌朝、食堂で10人が集う。ひとまず平和な様子だ。
ムサが「トイレ掃除行ってきます」
ハイジ「ニラ(大家の飼い主)にご飯やってくる」と2人が外出ていったあと、
にわかに昨日のことについて話があがる
ユキ「ハイジに付き合うやつはいないよな?」 ニコチャン「昨日のあれか?いや」
キング「ありえない、絶対にありえない」
双子「よかった、先輩がやるっていったら、マジで逃げられなかったよ」
神童「さすがに話が急すぎますよね」ユキ「詐欺だあんなの」
ニコチャン「ムサはなんて言ってた?」ユキ「勉強とバイトで手一杯」
キング「なら全員反対だ」王子「ただ」
大方話が決まったとき、王子が声を上げる
「このまあ引き下がる人とは思えない。このおかず、このひと月で一番食事が豪勢ですよ」
王子の言葉に全員ピタリと箸が止まる
ユキ「随分と飼いならされているよな、俺たち」

そんな中、ジョージとジョータが走を誘う 3人とも1年生、サークル見学だ
ジョータ「ジョージ、サッカーのさーかるあるぞ」
ジョージ「でも5つくらいあるんだよなぁ、どれがいいかわかんねーぞ」
そんな会話を2人がしていると、後ろからついてきていた走が声をかける。
「続けるの?サッカー」 ジョータ「ハイジがああいうとなぁ」
ジョージ「やりづらくなっちゃうよな」走「いいんじゃないか、サッカーしたければ」
ジョータ「いや、サッカーというかさ」ジョージ「女の子だよな問題は」
やっぱ、女の子がかわいくないとなと双子ははしゃぎだすが、
走はムッとした表情になる

メンバーにはサークルに入っている人もいて
王子は漫画研究会で勧誘を行っていた
そこになんとハイジがやってくる「精力的だな」
王子「そこに立たれるとちょっと」
ハイジ「王子の場合、準備が大変そうだから先に言っておこうと思って」
お構いないしにハイジが話を続ける
「運営上、陸上部員じゃないとアオタケにおいておくことはできないそうなんだ」
「陸上部員にならなかった場合、そうそうに部屋を」王子「出てけってこと!?」
「いやいや、言い方に気を付けてくれ。走らないならあそこに住めないよーってこと」
「出てけってことじゃないか!」「あ、そうとも言えるか」
「あの物量なら引っ越し費用は馬鹿にならないよな
部員になるなら出ていく必要がないんだが…」
王子が冷や汗をかき始める

就職活動中の4年生キングにハイジがやってくる
ハイジ「希望の職種は確かマスコミだったか」「使えるけどなぁ、面接で。駅伝の話」
誰もが経験できることじゃない、有利になるぞ」キング「うっ・・・」

図書館で本を読んでいる神童のもとにもハイジがやってくる
「今年は出てこなかったなぁ、山の神」神童「!?」
「まあ、毎年出てくるようじゃありがたみがなぁ」
図書館の中だが、割と大声で話し続ける
神童の実家、かなりの山道なんだろ 箱根とどっちが険しいかな」
「しばらく帰ってないよな、連絡は取ってるのか?」
「喜ぶよなぁ。正月中々会えない息子が、テレビの向こうで元気で走る姿を見たら」

場面はアオタケへ。
部屋の外に出たユキがニコチャンの部屋から
たばこの臭いがしないことを不審に思い部屋を覗く。
ニコチャンは不在で、たばこの吸い殻がなかた。
そこにニコチャンが帰ってくる
「ああ、外に出ていたからな」
ニコチャンは理由を説明しつつ、たばこを見せ、くわえる。
ちょっとほっとしたような顔になったユキに、ニコチャンは
「またクラブ?余裕だな弁護士さんは」と声をかける
ユキは3年時に司法試験に一発合格した秀才だが、
今は遊び惚けているのだ。
ユキ「先輩も早く卒業してくださいよ」と言いながら玄関へ

外に出ようとして、ユキはニコチャンの靴箱がふと気になり、あける。
するとそこには新しいスニーカーが…
部屋に戻ったニコチャンは、火のついていないたばこを捨てると
布団に大の字になった
「無理だ」と呟いていたが…

双子とハイジの場面へ
双子は、かわいい女子マネがいるサークルと盛り上がっていた。
ハイジはもう興味無さそうに、遠巻きから眺めていた
どうだ、楽しめそうかキャンパスライフは」ハイジがここにもやってきた。
「イベントサークルなら知り合い紹介できるぞ、
大学生活を味わうならそういう選択肢もなくはない」
興味ないとばかりに、走は立ち去ろうとする

「いいのか 走れるんだぞ 誰にも咎められることがなく」
その走にハイジが声をかける

走るの脳内には高校時代のことがよぎっていた
怪我をしている一部員が顧問に叱責を受けている様子、
それを煮え切らない目で見つめる走…

「走りたければ一人で走る」
そう言って去って言った。

Bパート
「はぁぁぁぁ!?」
夕方、アオタケでユキが声を荒げる
なんで走ることになった!?」ムサ「すいません」
ムサがいつの間にか走ることになっていて、ユキが責めたてていたのだ

ムサの話によると、バイト先の精肉店のレジにハイジがやってきたのだ。
ハイジはどっさり買っていくと
ムサと一緒にいるベテランの女性店員と話し込む
「ありがとね、こんなに」「こちらこそすいません、無理を言って」
「なあに、お安い御用よ、ムサくんいつも頑張ってくれてるし、
お得意さんだし うちはほんとハイジくん様様よ」
「いや、僕なんて でも紹介した甲斐があったというもんだ」
「!?」ムサはハイジの視線にびくっとなる
「ほんと働き者でね」
さすがだな、ムサ ほめて頂いているぞ」「あ、ありがと・・・ございあmす」
ほんといい先輩を持って、大事しないとね、出会いを。一生ものよ」
「だってさムサ 一生ものだぞ ムサ ムサ」
ムサは完全に固まってしまった。

「それから明日の朝予定を聞かれ、思わず無いと」
ユキ「ムサなら断れないと踏みやがったか」
キング「一番弱いところを狙ってきやがったな」
悔しそうにする2人

「そういうお前らの言い分はなんだ」
ユキは次に、そばで正座をしているキングと神童を睨みつける
キング「就職に有利だっていうから」
神童「健康の為にダイエット。本当に最近体重が…」
ユキ「くっそ、一人で行動させるんじゃなかったぜ」
悪態をつくと「まあ、こいつらよりマシだ」

そばには布団と縄で縛りつけられたジョータとジョージがいた
ジョータ「だってずるいよな」ジョージ「みんな駅伝に出るって約束したと思ったんだよ」
ユキ「最後までハイジの言葉を聞いたのか」
ジョータ「みんなやるよーって」ジョージ「へー、じゃあ俺たちもって」
ユキはブチ切れて、布団叩きで双子を叩きまくる。
この辺は元剣道部ということもあり、人並み以上に力強い
ジョータ「でもね、みんな知ってます!?箱根に出ると女子に持てるんですよ!」
ユキ「そんなのは大会に出てちゃんとした記録を出せるごく一部の上位ランナーだけだ!
そもそも出られるわけがないだろ、俺たちが!!」

ジョータ「え、どういうこと!?出ますよって言ったら、出れるんじゃないの?
ユキはガクッとうなだれて「説明する気にもならん…」
ジョージ「え、嘘だ、モテるって言われたんだよ!」
双子は泣きながら訴えるも時すでに遅しという感じだ。

とりあえず残る3人、ニコチャン・走・王子の行方を探す。
まず走の部屋をノックするも返事がない、留守のようだった。

その時だ
「きゃあああ」
王子の悲鳴が上がった。

やってくると、大家さんもいた
大家「このタイミングで壊れるとはなぁ」
どうもお湯が出なかったようで、水風呂だったらしい
何も知らず王子が入ってしまったようだ。
大家「悪いが直るまでうちのは使えない。鶴の湯があるだろう
しばらくあそこへ通ってくれ」

夕方の公園、走は一人でベンチに座っていた。
横には大きく膨れ上がった黄色のバックがあった。

“いいのか 走れるんだぞ 誰にも咎められることがなく”
走には、さっきのハイジの言葉と高校時代の場面が去来していた。

振り切って立ち去ろうとすると、たばこをくわえようとした
ニコチャンに出くわす

ニコチャン「気分転換だ くれぐれも言うなよ、あおたけの連中に」
2人で歩きながらニコチャンは言い訳をする、と視線を走の鞄に落とす
「って、戻る気もねぇみたいだけど」走は出ていくつもりだったのだ
「走りたいんですか、本当は」ふいに走は尋ねる
一瞬慌てて「ばっか!気分転換だよ。真っ黒なんだよ」と言うが落ち着いて
「無理無理、そもそも向いてない」と言う。
ハッとなって、ニコチャンを見つめる走。
「詳しいんだろ?こんないかつい長距離選手いるか?」
ニコチャンは言う。確かに長距離選手にしてはガタイよく骨太な体型だった。

そこへ風呂へ向かうユキたちが通りかかる
風呂が壊れたことを聞くと、
ニコチャン「ちぇ、付き合え 出ていく前に面白いところ連れて行ってやる」

鶴の湯の銭湯だ。
双子「無理だ!!!!」
慌てて湯舟から出てきた双子が涼んでいる
「この世の地獄、僕らはここをそう呼ぶのですよ」
王子が走にそう紹介する。王子一人だけとびぬけて色白の素肌だ。

9名それぞれ温泉を楽しんでいる時だった
「なんだ、みんないるんじゃねーかぁ」
ハイジがガラリと扉をあけて入り込んで、全員が固まった。
王子「地獄に…鬼が…!」

ハイジ「エー、オオヤサンチノー?オフロガー、コワレター!?」
とてもわざとらしいハイジに全員してやられたことを察したが、
何も言えなかった。

ハイジは、睨みつける走に声をかける
「どうだ、蔵原。いい銭湯だろ。みんな熱すぎるって敬遠するんだが」
「お前だって一分も持たないじゃないか」
そう声をかけてきたのは湯舟に浸かる男性だった。
どうやらハイジと常連客のようだった。

「ていうかハイジ、これって全員…」
「ええ、アオタケのメンバーです」
「おお、じゃあついに10人」
「違います」
どうやらハイジの計画も知っているらしいおじさん、
そう分かったところで、走が声を荒げた
「俺は違います」

ハイジ「昨日、ここを出た後、知り合ったんです」
何事もなかったように、ハイジが話を続ける」
走「だから俺は!」
ハイジ「勝負しないか?どっちが長く浸かっていられるか」
全員「え!?」
負けた方が勝った方の言うことを聞く、なんでもだ」
ユキ「おい、そんなの受ける理由がないぞ、蔵原」
ハイジ「断れば逃げたとみなす。逃げたきゃ逃げろ これ以上は追わない」
「何しろ”速い”からなぁ お前の”逃げ足”は」
ハイジ「くっ」
完全に弱みを突かれた走は勝負をせざるを得なくなった。

3分経過
温度計は45度以上を指している湯舟で、2人は浸かっている。
おじさんやアオタケのメンバーがそれを見守っている
「おい、あまり無理するなよ」
さすがに心配になってきたおじさんが声をかける
ハイジ「おい、そう言って下さっているぞ」
走「なら、お先にどうぞ」
互いに譲らない

ユキ「すげぇなハイジの執念」
ニコ「まあ、もう4年だからなぁ、最後と思えば」
ユキ「何感傷的になってるんだ、まさか付き合ってやる気じゃないでしょうね?」
ニコチャンは何も言わず、ただユキを見つめていた

4分経過

ニコ「俺たちも勝負しないか」ユキ「え」
ニコ「どっちが勝つかかけろ おまえが勝ったらお前の言うとおりにする」
ユキ「は、ずるいよ」ニコ「早く」ユキ「…じゃあ新入りだ」
ニコ「お前、勝つ気あるのか?」

結果:引き分け
神童「水だーーー!水、水」
双子「2人とも、しっかりして下さい!!」「意地張りすぎですよ!」
完全にゆでだこ状態になった2人を、双子が引っ張り出し、湯舟の外へ
2人とも伸びている
キング「やるなぁ新入り」
まさかの展開だったのだろう、キングがびっくりしている
ユキ「先輩、引き分けの場合は」ニコ「・・・」

「ざまぁねぇな」
夜、アオタケでようやく走が意識を取り戻すと、
ニコチャンがそばで見守っていた。
「ずっと待ってたんだよな、10人そろうの
無茶だと思うよ でも4年間ずっとみてきてるからさ
やると言ったらやると男だよ あいつは」
ニコチャンが最初からあまり反対していなかったのはそのためのようだ。

「なら俺が諦めさせる」
走が起き上がってそう告げる
何があったんだか、ならそうさせてくれ、俺も楽になるわ」

その時だ
「待って。まだ猶予はあるでしょ!」
上の階から王子の悲痛な叫びが響いてきた

「あるさぁ、ただ、荷造りは早めにしとかないと」
ハイジが大量のダンボールを王子の部屋に持ち込んだところだったのだ
「だろ?」ハイジは満面の笑みだ

「誰か、鬼がいます~~~」
叫び慣れていない王子の弱弱しい叫び声がアオタケに響き渡った。

原作では、ブーブー言いながら、翌日とりあえず走るのですが、

アニメでは、しっかり一人一人を、口説き落と・・・いや、脅していますね(笑)

スポンサーリンク

感想&メンバー紹介

メンバー紹介をしておきます。

【主人公】
蔵原 走:社会学部1年 愛称:カケル
高校時代屈指の名ランナー(ネタバレですがそういう雰囲気ありありなので)、
だが、ある事件をきっかけに住む場所もなく彷徨っている
口下手で心を閉ざし勝ち

清瀬灰二:文学部4年 愛称:ハイジ
長距離ランナーだが、右膝を怪我をして一旦は陸上を辞めている
ただ、4年目なんとしても箱根駅伝に出ようとメンバーをかき集めた
優しい笑顔だが、とても強い意志を持つ

杉山高志:小学部3年 愛称:神童
東北の山村出身、山道を往復して学校に通い続けた経験がある
なお、愛称の神童は、子供のころ、大人にそういわれていたから
アオタケではムサに日本語を教えている役目

柏崎 茜:文学部2年 愛称:王子
色白でメンバー1のイケメンだが、なぜか漫画ヲタクになっている
メンバーの中で唯一、運動らしい運動の経験はない
また、あらゆることは全部脳内での経験となっている

城 太郎:政治経済学部1年 愛称:ジョータ
双子の兄。高校時代はサッカー部だった。大学では女の子と遊びながら
キャンパスライフを送ることを夢見ている
弟よりしっかりしていると自分では思っている

城 次郎:政治経済学部1年 愛称:ジョージ
双子の弟。高校時代はサッカー部だった。大学では女の子と遊びながら
キャンパスライフを送ることを夢見ている
兄には俺がいないとと思っている

石倉雪彦:法学部4年 愛称:ユキ
3年時に司法試験に合格している秀才。4年の今は暇でクラブ通い
論理的な議論を好むが、作中は激高することも多い
高校時代は剣道部県大会に進出した経験を持つ

ムサ・カマラ:理工学部2年 愛称:ムサ
タンザニア出身の国費留学生。敬語で綺麗な日本語を操る
引き締まった筋肉をしているが、故郷を車で学校を送り迎え
してもらっていた結構なお坊ちゃんだったそう

坂口洋平:社会学部4年 愛称:キング
ありとあらゆるクイズ番組を見ていて、自称クイズ王
愛称もそれに由来する。目下、就職活動が悩みで、
就活の弱みをハイジに付け込まれてしまった

平田彰宏:理工学部3年※留年 愛称:ニコチャン
3年だが、留年を重ねているため、一番長くアオタケに住んでいる。陸上長距離経験者だが、
体型が合わず、高校時代でやめた。今は超ヘビースモーカー。
留年している理由は後々分かると思うが、卒業しなくても生きていけるため

まだ全部明かすことはできませんが、面白いメンバーです。
陸上歴・体力面でまとめると

カケル:陸上長距離選手で相当早い
ハイジ:陸上長距離選手だが右膝に爆弾持ち
ニコチャン:高校時代陸上長距離選手、体型不向きでやめている
ジョータ:高校時代サッカー部、直前まで運動していた
ジョージ:高校時代サッカー部、直前まで運動していた
キング:高校時代サッカー部、競技を離れて3年
ユキ:高校時代剣道部、競技を離れて3年
神童:高校まで田舎の地元、往復10㎞の山道を走っていた
ムサ:運動経験はないが、引き締まった体型
王子:漫画ヲタク 一般男性より体力ないかも??

エース、爆弾持ち、元選手、元別競技の選手、山出身の選手、謎の留学生、そして一般人?

話を作るのには、非常に面白いメンバーで構成しているなぁと思いますね。今回はハイジがいろいろとメンバーの説得(脅し)をしたおかげで、だいぶメンバーの性格や特性が分かったと思います。このあたり、話の構成の仕方もうまかったのかなぁと思います。

どうでもいいですが、ニコニコ動画で
「箱根に出たい男1位に脅されています」
「四月は水の風呂」と他作品のタイトルをもじって、いじられてて吹いてしまいましたがw

箱根駅伝ファンによるガチ解説

根っからの箱根駅伝ファンなので、
どうしてもアニメでは描き切れないルール的なところや
実際の状況・実態を
Q&A方式で解説していけたらと思います。

スポンサーリンク

Q.高校時代陸上経験なしで箱根駅伝は出られるの?

A.別の競技をしていた選手で箱根を走った選手は最近でもいます

レベルが今ほどではなかった昔には多かったですね。
昔、青山学院大では、甲子園でホームランを打って、更に箱根駅伝を出走した選手もいました。
10年ほど前には、大東文化大で、高校時代サッカー部だった清野篤選手も有名になりました。
実績がないため、最初は正式部員ではなかったのですが、3年・4年と箱根駅伝を走りました。

今は専門性が跳ね上がって難しくなりつつありますが、
本人の素質と努力によってできなくはないです。

今年、第94回箱根駅伝2018では少なくとも2人います。

城西大・大石巧選手(当時3年)は、高校時代サッカー部でしたが、箱根駅伝を走りたくて、
高校3年生の終盤に一度記録会に出て、そのタイムをもって、
箱根駅伝常連校のチームに電話をかけまくったそうです。
ほとんどの大学に断られたそうですが、城西大の櫛部監督は「面白い」と
テストレースを実施してくれ、見事に合格!
そして今年の箱根駅伝で8区出走!見事区間4位の好走し、
チームのシード権獲得に貢献しています。

関東学生連合・矢沢健太選手(当時、芝浦工大4年)は高校時代剣道部でした。
長距離にも興味があったため、大学で陸上部へ。箱根とは無念の大学の中、
1年次から主力でした。そして4年目、一気に走力が伸びて、
予選落ちチームのエースで構成される関東学生連合に選ばれました。
しかし、その後の選考レースの結果、11番手となり補欠1番手となってしまいます。
それでも最高の準備をして、レースを待っていると、
年末に1区予定選手がインフルエンザを発症し、急遽出番が回ってきました!
チームの主力級が集う1区、区間最下位相当の成績でしたが、
自己ベストを大きく上回るタイムで走破しています。

探すとそういう選手はいることはいます。
ただ、本作のように一旦競技を離れた…となると難しいですかね。

Q. 就活は本当に有利になるの?

A. それは間違いない

知名度も高いですし、話のネタにはなると思います。
また、実業団で競技を続けたい場合、3年の箱根駅伝までに出場できれば
だいぶ有利になると聞きます。

ただ、箱根駅伝に出れたからと言って、仕事もできる人になるとは
限らないので、考えて人生を送る必要はある…という感じです。

Q.モテるの?

A.強豪校の選手はやっぱりモテていますかね

本作ではユキが怒鳴っていましたが、やっぱり強豪校となるとかなりモテるとか。
ファンレターやバレンタインデーのチョコも結構な数になるそうですよ。

また、本人が好きな女優やアニメ女性声優さんと出会えることもありますね。
青山学院大の神野大地選手や下田裕太選手はテレビ企画で会えてます

東洋大で2代目山の神と言われた柏原竜二選手は、
ファンと公言していた女性声優のラジオ放送に呼ばれたりしていたそうです。

Q.長距離にはタバコはやっぱりやめた方がいいの?

A.パフォーマンスが大きく上がる可能性がありますね

作中ではニコチャンがひそかに禁煙しようとしていましたが、やはりタバコをやめることで長距離のパフォーマンスはあがってくるようです。

特にタバコに含まれる「一酸化炭素」「ニコチン」がなくなるというのは大きいです。

一般的に、呼吸により酸素を得て、
赤血球中のヘモグロビンが、酸素とその他の栄養素を体全身に届けるのですが…

一酸化炭素は、酸素と200倍ヘモグロビンと結びつきやすいそうで、
酸素と栄養素が本来の役割を果たせません。

そのため、スタミナ低下・息切れといった現象を引き起こします。

また、ニコチンは、
心拍数を高める作用があります。心拍数を高めるのに酸素が消費され、
酸欠の状態になります。

一言でまとめると心肺機能の低下が起こるので、
長距離には悪影響を及ぼす可能性がありますので、
やはりやめたほうがパフォーマンス上がるでしょうかね。


次回は、いよいよひとまず走る感じですかね。

だいたいみんなの今の能力が判明する(王子は死んでますね(笑))ので、
楽しみにしていてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする