風が強く吹いている/【アニメ感想】 第6話「裸の王様」※箱根駅伝ファンが解説

参照サイト:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

原作:三浦しをん『風が強く吹いている』
2006年9月22日新潮社より刊行
2009年10月31日に実写映画化
されている、箱根駅伝を題材とした青春スポーツ作品

他、三浦しをんさんの作品
2006年3月『まほろ駅前多田便利軒』※直木賞受賞
2011年9月『舟を編む』※本屋大賞受賞、2016年アニメ化

原作は『小説』です。しかも実力がある方が描いた内容です。
普段アニメを見ない人でも安心して見れる作品です。

アニメ:風が強く吹いている

アニメ公式サイト:http://kazetsuyo-anime.com/
アニメ公式Twitter:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

2018年10月2日深夜・日テレで放送開始!

【スタッフ】
監督:野村和也
シリーズ構成・脚本:喜安浩平
キャラクターデザイン:千葉崇洋
アニメーション制作:Production I.G
企画協力:新潮社

【キャスト】
蔵原走:大塚剛央
清瀬灰二:豊永利行 ほか

スポンサーリンク

今回は、アニメ第6話「裸の王様」の感想・レビューとなります!

第6話あらすじ

ネタバレになりますので、灰色で囲います。

「あのさあ!練習だけの毎日なんてありえない
俺には俺の人生があるからさ」

食堂を出ていったキングは、
自分の部屋で大好きなクイズ番組を見ていた。
神童が話しかけるが、無視するようにクイズにのめり込む。

神童「悪いんですけど、そろそろ夜ジョグに…」
キング「いってらっしゃーい」
神童「明日は、ジョグでられますか?気分転換にもなりますよ」
キング「・・・」

次の日の朝ジョグ、一応キングも参加していた。
ムサと神童が夜ジョグのコースの話をしている。
ユキ「優等生どもが 走れなくなっても知らねーぞ」
ジョータ「記録会でちゃんとタイム出さないと箱根には出られないんだぞ」
ユキ「箱根なんて遠い遠い夢の話だろ」

そこへ、はなちゃん自転車に乗ってやってくるやってくる
ハイジ「はなちゃんだぞ」キング「・・・」

双子を中心に夜ジョグの話をはなちゃんに話すと、
はなちゃんも自転車で参加を表明する
なお、明らかに双子に気がある
そんな中、「時間ねぇわ」 キング先に帰ってしまう

「完全に心閉ざした感あるよな」
昼食、学校の食堂で、多くのメンバーが集まった。
ジョージ「やっぱ就活ですかね?」
ジョータ「最近就職率上がってるけど」
ユキ「できない奴は歴然とできない」・・・「こわっ」

神童「部費の方もどうにしかしないと」
一応大学の公認だが、グラウンドも使えない立場上話が進まないそうだ。

ハイジも資金面は悩んでいて、大家さんに相談していた。
大家「金ならねーぞ あるならこの”オンボロソウ”をどうにかしてる」
「やるといったからにはやらせてやるが」
「この世界、足の速い遅いだけが問題じゃない 金も勿論必要」
「周りが認めてくれるか 走るというのはそういうことでもあるんだな」
ハイジ「・・・」何も言い返せなかった。

カケルは意外にもニコチャンの部屋にやってきていた
ニコチャン「ハイジに仕事してるっていうなよ 怒られるんだから」
パソコンに忙しそうに打ち込みながら、カケルに注意をする。
ニコチャンが留年しているのはその辺にも理由があるらしい

カケル「どういう人なんですか?ハイジさん」「ランナーとしては」
ニコチャン「ハイジもいいランナーだったと思うぜ
本気で走ってるのを見たわけではないけど
しばらく走るの止められたらしい 走りたくても走れなかったんだろ」
「1年の時に、高校時代陸上部だったと言ったら、目キラキラさせていた
困ったよ こっちはスッパリやめたというのに」
「それから4年間、いまだに目キラキラさせるんだぜ、お前を見てなおさら」
カケル「俺がいても箱根に出れない」
ニコチャン「俺も箱根にいけるとは思ってないよ 記録会出てみたらハッキリするんじゃないの」

ユキ「まじかよ、それ!!」
ひとまずやる気になっている組は、夕方に新たな取り組みを紹介する
“Tシャツで宣伝”作戦だそうだ。
Tシャツには「箱根駅伝目指しています。寛政大学陸上部 後援者募集中」
と油性ペンで書かれていた。
朝と夜のジョグでこれを着て、人通りの多いところを通ろうと言うのだ。
神童・ムサ・双子を中心に作成したそうだ。
唖然とするユキ・ニコチャン・カケルにも渡してく。
勿論、ハイジは賛成である
ユキ「だっせ!うわ、だっせ!」

その時、キングがスーツ姿で帰って来た
キング「何だお前ら、学祭か?」
「悪くないだろ」他のメンバーは着てキングに見せる。
カケルだけ来ていなくて慌てて切る姿に、双子「脚以外たいてい遅いな」

キング「俺には俺の人生がある 大変なんだよ、今」
キングは彼らをしり目にアオタケに入ろうとする
ハイジ「走って忘れろ」ついにハイジが声を上げた
キング「現実逃避」
ハイジ「いつだって目の前にあるのは現実だ
なら逃げるんじゃなくて 一緒に走ってみればいいんじゃないか 現実と」
キング「走って就職できるのか?」
ハイジ「わからん、でも止まってると不安になる 俺にはそういう時期合った」
キング「ほんと夢見がちだな、お前は」
吐き捨てるように言うと、改まって問いかける

キング「なあ、ハイジ俺は何のためにいるのか?」
ハイジ「俺たちのためだ」即答するハイジに全員びっくりする
キング「お前らの為?」ハイジ「それの何が悪い」
キング「俺の人生だぞ」
ユキ「まあ、こいつの言うこともめちゃくちゃだが」
ユキがハイジの肩を引き寄せる。意外な展開でハイジも驚く
ユキ「お前はお前で焦るんじゃねーよ まだ4月だ 勝負は始まったばかりだ」
双子「ユキさんが言うと、なんだか嫌味に聞こえる」「なんだと!!」
ニコチャン「なんでもいい」
ニコチャンが真剣な眼差しでキングをにらみつけながら、
Tシャツをキングにあてつける
ニコチャン「とりあえずこれだけは着ろ、全員での罰ゲームだ」
そして、みんなに向き直ると「日が暮れる、はよ終わらせよう」
みんな練習へ走り出す

ハイジ「勘違いするな 俺もお前たちの為にいる」
キング「きれいごとか」
Tシャツ投げ捨ててアオタケへ入ってしまった…

その後、キングは何か就活の準備をするわけでもなく
ストレス発散で麻雀の店へ、しかしそこでもぼろ負けしてしまう
自動販売機で飲み物を買う、手持ち金もなくなり、ため息をついていると
女子高生の会話が聞こえてくる

「なにあれ、罰ゲーム?」「箱根って旅行?w」
ムサと神童が例のTシャツを着て
その2人に馴染みのある商店街の人たちが声をかける
「一番乗りじゃなきゃ意味ないよ」「うちも入るよ(ムサのバイトの人」

更に双子とハナちゃんもやってきた。なんと3,4件も収穫があったそう
ハナちゃんがいると店の人も声をかけやすいらしい
キングは慌てて人目の付かないところに入り、冷や汗をかいていた。

「CC」って何?双子がハイジに問う。
アオタケの食堂には、一週間の練習メニューが書き出されていた。
個人の力量に合わせて、個人メニューが組まれていた。
その中に「C.C」という聞きなれない単語があった

ハイジ「クロスカントリー」ムサ「自然の中を走るやつですか」
ハイジ「2㎞先にいいのを見つけた」ユキ「いつ見つけるんだ」
なお、キングはこの場におらず、9人での参加だ。
ハイジ「いい気分転換にもなる」ジョータ「気分転換かぁ」
「で、2.5×6って?」ハイジ「2.5㎞を6週」…双子「15㎞!?」
ニコチャン「なにしろ気分転換だからなぁw」
だいたい陸上のメニューを知っているニコチャンは、嫌味っぽく言う

ジョータ「カケルなんか8週だぜ?」カケル「なんか、すみません」「
ジョージ「いや、走るのお前だからいいんだけどさ…」
ユキ「もうすっかり陸上部だぜ。肩身が狭いぞ俺は」
ハイジ「なんだかんだついてきてるじゃないか」
ユキ「手加減されてるのわからんわけじゃないからな」
ニコチャン「じゃあ本気でやるか」ユキ「冗談”無理!」
一同、どっと沸いた

キングは、自分の部屋、電気もつけず寝転がっていた。
そこに、神童が顔を見せる。
「夜、クイズ番組 録画みます?」「…いいや今日は」
「気遣うなよ かえって気まずい」
すみませんと、神童がドアを閉めようとすると、
「なんでそんなに本気になれるんや」
キングが声をかけ、神童はハッとする
「”駅伝” やったこともないのに」

神童「分からないからこそ、やらされるんじゃなくて、
自分からやってやろうと思ったのは、あります」
神童が前向きな理由を初めて、自分から口にした
キング「そこに、やらないという選択肢?」
神童「なかったですね。」
キング「やらなきゃいいだろ、分からないんだから」
神童「やってみたら、分かるような気がしたんです」
神童は部屋の中に入り、キングに語りかける
神童「僕はまだ就活やってないから分からないけど、仕事も同じようなものだと思うのです。
先輩はなんで就活本気になってるんですか、仕事が好きで好きでしょうがないから?」
キング「んなわけねぇだろ」
そう言いながらキングは起きあがる
キング「ねぇよ好きな仕事なんか 働きたくはないの、本当は やらないといけないからやってる」
神童「ですよね、僕も走り始めるまでは同じだったんですよ」
神童「別に好きでもないのにハイジさんに無理やり」
神童「でも、強制されて走るより自分から走った方ががぜん楽しいかもって
だから少しだけ本気でやってみようって」
神童「好きだから本気になるんじゃない 本気になってみたらもしかしたら」
ここまで神童の話に聞き入っていたキングだが、舌打ちをする
キング「なんで後輩にアドバイスされなきゃいけねぇんだよ」
神童「え、そんなつもりは」
キング「何が神童だ、こいつww」ヘッドロックをかけた

次の朝練だ
ユキ「なんで走ってるんだ?俺は」王子「2人で逃げますか?」
ユキ「お前の脚じゃ捕まるだろ」
まだ本気じゃない組がブーブー言いながらアオタケの庭に出てくる
そこにキングやってくる
「罰ゲームは全員で、でしょ」あのTシャツを着ていた!

ニコチャン「おせえわ、今日誰も着てねぇわw」
キング「はっ!?なんだよ、俺だけ!?」
ユキ「これぞ罰ゲーム」王子「字足りてないですしね」
キング「は!?」
よく見ると、書いてあるのは『箱根駅目指します』
ムサ「ごめんなさい僕が書いたんです!どうしましょう!」
ニコチャン「いっそ目指してもらおう 箱根駅を」
キング「ぐ・・・脱いでくる!」
キングが慌てて脱いで来ようとすると、
神童「大丈夫!僕も着てますから!」
今、急いで着て来た神童がTシャツを見せる
神童「走るんですよね、キングさん!」
神童がとても嬉しそうにしている

ハイジ「走れば何着てるか忘れる」王子「そうウェアなんて関係ないんです」
ハイジ「デニムはダメだぞ」
キング「就活を有利をするためにだぞ、途中でやめたら不利になるからな」
なんか急に言い訳を始めたキングに、全員ニヤニヤしだす
キング「って、何ニヤついてんだよ!!」
ハイジ「別に、ほらいくぞ」

夕方の練習は久々全員参加となった。
この日は、トラックで5000mのタイムトライアルだった
ハナ「ラストラスト!みんながんばって!」
キング「おらおらおら~~」一気にごぼう抜きする
最後の王子が33分40秒でゴール、
この前より1分20秒縮めていた。
ハナ「王子さんだけじゃない、蔵原さんたちもみんな縮めています!」

キング「ブランク響くなぁ」ユキ「3日だろ」
ハイジ「クールダウン忘れるな」
双子「あ」
ふとカケルを見ると微笑んでいた!
見られていることに気づいたカケルは慌ててその場を去ろうとする
双子「今笑ってたよね」カケル「笑ってない!」

夜、ハイジとカケルが皿洗いをしている。
ハイジ「良かったのか、ジョグいかなくて
せっかく一緒に走る仲間見つかったのに」
カケル「ペース合わない 合わせるの大変なんで」
ハイジ「そうか」

カケル「…なんでこの人たちじゃなきゃいけなかったのか」
一呼吸おいて、カケルが真面目に話し始めた。
カケル「走ることは選ばれたものにしか許されないのかって、
確かに走るだけならだれにでも許される 好きなだけ走ればいい
ハイジさんの言う走るってそういうことですか?

箱根は誰でも出られる大会ではないですよね。
分かりません、 あなたの言う走るってなんですか?」

ハイジ「それだよカケル!」
ハイジは嬉しそうに答える・・・が、
ハイジ「俺も知りたいんだ、走るってどういうことか」

カケル「…分からないってことですか?」
ハイジ「答えは、まだない ようやく走り始めたばかりだからな」
少し唖然とするカケル
カケル「そんなんで良く巻き込めますね 俺たちを
やっとみんなそろったのにこのまま楽しくトレーニング続ければ、
あの人たちも傷つくことは無い」
ハイジ「箱根を走るにも、無傷ってわけにいかないだろ」
カケル「現実は優しくない 記録会でこのチームも最後かもしれない」
ハイジ「俺は信じてる みんな乗り越えられるって」
お前は言うのか 現実はそんなに優しくないんだろ?」
ハイジは優しく、しかし静かにカケルを煽った…

スポンサーリンク

感想

就活がうまく進まず焦りを感じているキングにどう働きかけるのかを、
とても注目していました。キングさんもキングさんで、ここまでの3年間、
何か将来に向けて、一つ努力していたわけではなかった。
やりたいこともなく、アピールする事もなく、憔悴していた感じでしたよね。

そこでまずは「現実と向き合いあながら走ろう」というハイジ
それに「真剣にやるから好きになれるかも」という神童の言葉に感化される流れでした。

まあ、やや強引ではあるかなぁとは思いますが、
漠然と就活して失敗して、麻雀などに逃げていても、多分うまくいかないと思います。

まあ、キングさんある意味とても人間らしいなぁという感じ、
働きたくない、けどやらないといけない、密かに自分も本音だったりします。
その中で、とにかく目の前のことに必死になってみる、
こういうことは人生において大事かもしれませんね。

それにしてもいい人たちです。キングが言い訳めいて陸上しようとするところで、
みんなニヤニヤしているところもいいですし、
「箱根駅、目指します」は爆笑してしまいましたw

次回はついに記録会のようですね。
ひとまず陸上部として、よちよち歩きのチームの「山場」になりそうです。

まず、カケルと東体大の榊が再開します。
また、色々と言ってくるかとは思いますが…、
ここでまたカケルの過去のことも少しずつ明らかになるでしょう。

次に、少しネタバレになりますが…
六道大の藤岡が出てきましたね。ハイジと同級生、
カケルが気になっていた「ランナーとしてのハイジの過去」も
少し明かされるかもしれません。

そして、最後の場面で語っていた「記録会で現実を知る」こと。
ここで、陸上経験者の3人以外のメンバーが何を思うかですね。
箱根予選の標準16分半がいかに早いタイムであるか。

そして、かなりたくさんの大学生、いや高校生でも
16分半以内で走る選手は数多くいます。
おそらく、まだ切れないメンバーがほとんどだと思います。
やはり箱根は遠い夢と思うのか、もう一度まとまるのか。
次回を待ちたいと思います。

箱根駅伝ファンによるガチ解説

根っからの箱根駅伝ファンなので、
どうしてもアニメでは描き切れないルール的なところや
実際の状況・実態を
Q&A方式で解説していけたらと思います。

スポンサーリンク

Q.C.C.クロスカントリーとは

A. 陸上においては、長距離走で野山を駆けるレースになります

よく冬季五輪のスキーで雪の積もた野山を駆けるのはテレビで目にすると思いますが、これの陸上競技のヴァージョンと言っていいでしょう。

野山・総現地など整地されていないコースで中距離走を行うことです。競技としても行われていますし、練習に使用する強豪チームや海外の選手も非常に多いでです。

アスファルトに比べ、柔らかいため関節や腱へのダメージは少なくなります。その代わり反発が少ない分、しっかり自分の脚を動かす必要があるため、足の筋肉に大きく負荷がかかると言われます。

また、舗装されたアスファルトは同じ部位に偏った負担がかかりやすい、また疲れて崩れたフォームで走り続けると、いろんな部位を痛める可能性があります。不整地ではいろんな角度で着地するため、多くの筋肉に刺激が入ると言われます。

アスファルト(舗装道路)での練習とクロスカントリー(不整地)の練習を程よく行うのがいいとと言われていますね。

Q.みんなの練習メニューの雑感

A.双子のペース走が凄まじい!?

ちらっとカケル以外9人の練習メニューが映っていましたね。


それぞれの個別でのメニューをじっくり見ていると面白いです。

ひときわ遅い王子はどうなっているのかなと思ったら
5㎞ペース走7分とみんなの半分のペース、
そしてビルドアップはなく、筋トレ+ウォーキングとなっていました。
C.C60’はクロスカントリー60分ジョグかなぁ?
なんか微笑ましい。これくらいの練習メニューなら
なんとかやってみようと思うかなぁ?(笑)

そしてよく見ていてびっくりしたのがジョータ・ジョージの双子!
5㎞ペース走、1㎞3分05秒って、5㎞15分25秒!?
そんなに早くなっているのか彼ら!?
ビルドアップ走も3分40秒→3分00秒とは…

脚痛めていたとはいえ、灰二さんでさえ、
5㎞ペース走は3分20秒、ビルドアップは3分50秒→3分10秒なのに、それよりも早い
それと同じ設定のユキ・ムサの潜在能力はものすごそうだ!?

Q.カケルの練習メニューは

A.遠目の画像とカケルの実力からするとだいたい分かりました。

カケルは意図的に映していないのか9人のみなのですが、
だいたい解析してみました。

クロスカントリーに関しては、20㎞とありましたね。

その他、
月曜のペース走は10㎞を3分00秒か3分05秒?
火曜と金曜のビルドアップ走は、
10マイル3分40秒~3分00秒のように見えます。

マイルは聞きなれないかもしれないですが、
これは距離の単位です。
1マイルが約1.6㎞なので、
16㎞のビルドアップ走になります。

ほぼほぼ、全員の倍の距離を走っています。
それも高いレベルでさすがですね。
大学1年生、ちょっとブランクありでこのメニューです。

色んな意味で7話の記録会が楽しみになってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする