風が強く吹いている(アニメ) 第5話【感想】※箱根駅伝ファンが解説

参照サイト:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

原作:三浦しをん『風が強く吹いている』
2006年9月22日新潮社より刊行
2009年10月31日に実写映画化
されている、箱根駅伝を題材とした青春スポーツ作品

他、三浦しをんさんの作品
2006年3月『まほろ駅前多田便利軒』※直木賞受賞
2011年9月『舟を編む』※本屋大賞受賞、2016年アニメ化

原作は『小説』です。しかも実力がある方が描いた内容です。
普段アニメを見ない人でも安心して見れる作品です。

アニメ:風が強く吹いている

アニメ公式サイト:http://kazetsuyo-anime.com/
アニメ公式Twitter:https://twitter.com/kazetsuyo_anime

2018年10月2日深夜・日テレで放送開始!

【スタッフ】
監督:野村和也
シリーズ構成・脚本:喜安浩平
キャラクターデザイン:千葉崇洋
アニメーション制作:Production I.G
企画協力:新潮社

【キャスト】
蔵原走:大塚剛央
清瀬灰二:豊永利行 ほか

スポンサーリンク

今回は、アニメ第5話「選ばれざる者たち」の感想・レビューとなります!

第5話あらすじ

ネタバレになりますので、灰色で囲います。

会社合同説明会にキングの姿があった
夕方のアオタケに、心が重たそうに帰宅する
1次試験の結果がメールに入るが…

アオタケは宴会中だった
今朝の話で盛り上がる
カケルが謝るものの、双子らがあっちが悪いんだからという。

そんな中、心酔している神童が箱根本気で目指す宣言
双子が「モテまくりましょう!」というと、「彼女はいます」
そこからまた騒ぎになる面々。

その騒ぎを冷めた目で見ているのはユキ
ユキ「俺はまだ否定派だ」そう言って、ムサに同意を求める
だが、ムサは号泣しながら「走ります!今のユキさん感動的だったから」
どうも泣き上戸らしい

それぞれが決意表明する流れになったが、
カケル「もう少しうまくしゃべれるように」に全員ずっこける
ハイジはすごく優しそうな目をしていましたが…
ハイジ「ならば俺はみんなの決意に応えるまでだ!」
「箱根の山は」「テンカノケン!!」の合唱が響き渡っていた。
その声に、王子「走るとは言ってない」はかき消されていた

改まって
4月29日東京体育大記録会についての話が合った
5000m16分半、10000m34分を切らなければ箱根駅伝予選会に出られないのだ

4月11日(前話)時点で
走 14分53秒54
ジョージ 16分48秒08
ジョータ 16分50秒01
神童 18分52秒23
ムサ 19分01秒36
ユキ 19分45秒11
ニコチャン 19分50秒03
キング 20分01秒06
王子 34分59秒28

「時間の概念変えるほうが早い」は王子の弁
灰二「記録会は何度もあるから、いずれ目標タイム出せればいい」と言うが…

夜、ハイジとカケル2人きりの場面になる
カケル「本島に出るんですか?今のみんなじゃ足元にも及ばない」
「せめて5月でも…」その提案にハイジは答える
ハイジ「先送りしてどうする?」
カケル「素人ですよ、傷つけてもいいのですか。現実見せてどうするんですか?」
ハイジ「選ばれたものにしか許されないのか? 走るって。そういうもんだったか?」
カケル「……競技の話だから」
ハイジ「だな」ハイジはカケルの言葉に一旦は同意する
カケル「でも、だからこそ現実を見ないと目指しようもない。箱根は夢じゃない、現実なんだ

それぞれの盛り上がり見せるなか、一人寝れないキングのシーンが入る

翌朝の朝食のことだ。
ハイジ「今日の夕方17時 玄関前集合」の言葉に全員が固まる
「朝のジョグは肩慣らし、今日から本練習を始める 本格始動」
ユキが怒るが…
双子「授業バックレる?」 ムサ「(神童に)靴のこと教えてください」
と意外と前向き
ユキ「お前らおかしい 陸上部みたいじゃないか!」

そんな中、キングはセミナーでパスするという?
ずらせないのかというハイジに
「ずらす、俺の人生全体の予定もずらすことになるが、責任とれるのか?」

ニコチャンの部屋にユキがいる
そこには針金で作った人形がある
たばこを吸わないようにしてたら、作ってしまったらしい
「いつから辞める?」焦るユキ
「1週間経ってない」「辞めてるってことじゃん!」
「徹夜仕事多いあんたが、なんだかんだジョグしてる 実は箱根を目指して…」
「嫌いじゃねーよ 走るのは。」というニコチャン。ただ、「好きと才能は別の話だ」
ここはユキも言い返せなかった
「安心しろ、真に受ける気はない マジで健康のため、いい機会だからな」

17時
キング以外はひとまず集合
王子はなぜかニラと縄で結ばれていた
「君と僕、どちらが本物の自由を手にしてると思うかい?」

向かったのは大学のグランドではなく、市営のグラウンド。
「わびしいグラウンドですね」「大学の方はいろんなサークルつかってる 序列ってやつ」

ここから練習メニューだ
『流して走る』
いきなり走ると故障の原因 練習の前に1時間だ
1時間のセリフにニコチャン以外が驚愕する

1時間後、倒れている王子が…

『ペース走』
設定された通りのペースで走り続ける。
まず持久力をつける練習だ 苦しくなるほどのペースで走る必要はない
とにかく長く走るようにペースを意識する
王子「本気のチームやん…」なおニラは、みんなについていっていて、
犬にも裏切られたことになる

ユキ&ニコチャン
「走る意義が知りたい」「何がいいのか分からない」「走れば分かるはなしな?」
なんだかんだ付き合うユキだが、走る意義が自分の中にないと本気になれないらしい
ニコチャン「人それぞれだけど、俺の場合は・・・」スタート「あ、ずるいぞ!!」

メニューが終了 疲れている中、ハイジが言う
明日から『ビルドアップ走』を取り入れる
徐々にペースを上げてダッシュをかける

神童「練習の目的は?」ムサ「!?」
心肺機能に負担をかける 苦しくなければ意味がない

王子燃えつきかけてる 白くて透明になっているもやしがいた
「鬼に人の気持ちなど分かるものか」「質量を失おうとしているのさ」
ペラッペラになった王子を、ハイジが引きずっていく

とはいえ、なんだかんだ付き合うのなとユキの弁
お前もな ニコチャンの突っ込みが入る

さっきの答え聞いてないと聞くユキ、ニコチャンは「しつけーなぁ」と言いつつ、
「まあ、走ってるときだけは、きれいになれる気がするんだ
真っ白になれる だらだら背負ったものを、置き去りにして
きれいさっぱりできる忘れられる気がする」
ユキ「俺元々綺麗ですから」
ニコチャン「むかつく」
ユキ「…って、それだけですか!?」

一人、アオタケに戻っているキング
携帯には、お祈りメールが…

アオタケに戻った面々だが、
神童「夜にジョグ取り入れたい。ハイジさんいいですか!?」
ハイジ「自主性が出てきたのは言い事だ!」
これに双子とムサも付き合い、ニコチャンとユキはパス
王子がいないが、ハイジ「庭に置き忘れた」

ニコチャン「(カケル)に物足りないんじゃないのか?」と言う。
ムッとするカケルだが、ハイジに夕食の支度の準備を促される

そこでキングが階段から降りてくる
キング「どんだけ練習してんだよ、物好きだねどいつもこいつも」
「良かったじゃん、走りたいやつがいて。好きなだけやってくれや」
カケル「・・・」

夕食のことだ。またハイジが革命を起こす
「全員バイト禁止する ランニングウェア用意すること
王子のデニムスタイルはもってのほか ジャージもだめ
タオルと着替えもいる こまめに着替えるのは重要な体調管理
毎日してたら一切無駄なくなる 仕送りだけでも貯金はできる」
一気に本格的な陸上部仕様に切り替えてくるところ…

「あのなぁ!!」
キングがブチ切れる
「練習だけの毎日とかありえないわ 俺には俺の人生があるからよ」
夕食もそこそこに部屋を出ていってしまった

感想

「君と僕、どちらが本物の自由を手にしてると思うかい?」
王子の声優が入野自由さんということもあり、ちょいとツボに入りました。

また、着ている服も相まって、もやしとニラの炒め物というのが頭にちらほらと…。

冗談はさておき、
陸上部として、本格始動していく様子と、
まだ気持ちが乗り切れない、あるいはそれどころじゃないキャラと
うまく描き分けられていましたね。

特にキングさんがブチ切れてしまうのは仕方ないですよね。
キングさんは元々ちょっと人前に出るのはあまり好きではない性格、
それゆえに、どうしても就活は躓いてしまう。
決まらないイライラもあるのでしょう。

そんな中、周囲が急に陸上部として動き出して、ついカッとなってしまいましたね…。
予告が不穏担っている中、このあたりどうやってまとめていくのか気になります。

それから、ユキ&ニコチャンコンビ好きだわぁww
性格合わなさそうなんですけどね、ユキは理屈派でニコチャンは大雑把な感じなのですが。
ユキの突っ込みとニコチャンの落ち着きがいい雰囲気を醸し出しています。

「好きと才能は別」一度、本気の陸上を諦めているニコチャンが言うと
とても重いですね。そんな中、走りの目的を求めているユキもいいですね。

多分なんだかんだ付き合っているのは、彼らと一緒にいるのが好きだからかなぁと
思っていますが、走る理由・理屈がほしいのかなぁと思います。
それあれば、相当賢いし集中力のあるユキなので、凄まじくのめり込むはず。
ここの落としどころに今後注目です。

あと各キャラも少しずつ面白いですね。
異様にやる気になっている神童も、どうなっていくか
そして、練習になっていない王子もどうしていきますかね??

そして大事なところ
「理想と現実」
カケルとハイジの会話。
ランニングは誰でもできます。
しかし、大きな大会になると選ばれざる者たちが必ず出てきます。
現実、相当箱根本戦に出る選手と差がありますが、
この2人以外ではニコチャン以外ではまだなんとなくしかわかっていません。

おそらく、東教大記録会で色んなことを知ることになると思います。
まだほとんど陸上を始めてない4月に、ハイジさんは敢えて記録会にでます。

大鉈を切っていますが、箱根予選までそうそう時間があるわけではありません。
早く本気モードで陸上を取り組んでもらうために必要なのでしょう。
それぞれ、どのように描いていきますか…

いろんなことが気になる中、6話楽しみに待ちたいと思います。

箱根駅伝ファンによるガチ解説

根っからの箱根駅伝ファンなので、
どうしてもアニメでは描き切れないルール的なところや
実際の状況・実態を
Q&A方式で解説していけたらと思います。

スポンサーリンク

Q. メンバーの今のタイムについて

A.王子以外凄まじいけど、半年で箱根予選はありえない

走 14分53秒54
ジョージ 16分48秒08
ジョータ 16分50秒01
神童 18分52秒23
ムサ 19分01秒36
ユキ 19分45秒11
ニコチャン 19分50秒03
キング 20分01秒06
王子 34分59秒28

走の14分台はともかく、ほとんど全員が20分以内に入っているのは、
スポーツやっていたとしても凄まじいですよ

直前までサッカー部だったとはいえ、ジョージ&ジョータが
箱根予選の16分半目前、しかも住宅地のロード&バッシュでこれは凄い。
20分以内で他のメンバーも走れているのは早いと思います。

それでも、ここから20分あたりのランナーが一気に16分半はきつい…
大学1年の時にこのくらいのタイムで、大学4年の箱根予選直前に
16分半を切るランナーというのは、現実いるのですが、半年かぁ。

まあ、トーシロということを思うと、一気に伸びる余地はあるかな?
その中で、王子をどう描いていくのかは注目しています。

Q.練習メニュー『ペース走』『ビルドアップ』について

A. ペース走は持久力の向上、ビルドアップは体を鍛え上げること

ペース走の目的は、一定のペースで走り続けて、持久力を向上させることです。

どのくらいのペースで走るかは、個人の体力や目標に合わせて、
無理のないペースで走り続けます。初心者は1㎞6~7分を5㎞くらいでしょうかね。

息が切れてきたり、強い疲労を感じたら、スピードを落としたり、ウォーキングに
切り替える方がいいかと。そのうえで、次の時はややペースを落として設定します。
慣れてきたら、少しずつペース設定をあげていきます。

初心者だと、これだけでも心肺機能や筋持久力をあげることができるはずです。

ビルドアップ走はだいぶ本格的なトレーニングになってきますね。
箱根駅伝の距離(ハーフマラソン)くらいなら、かなり必須のトレーニングです。

最初は会話もできるくらいゆっくりなペースで走り始めて、
数kmで徐々にスピードを上げていき、最後は目標より早いペースで走ります。

筋肉、心肺機能を鍛えられますし、目標タイムの速さが、
心理的に負担にならない事にもつながります。

なお、身体的には結構追い込むトレーニングになります。
無理にペースをあげようとして大きなフォームの乱れ、
そして怪我にも細心の注意をしながら、身体のケアが必要になります。・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする