風が強く吹いている 第8話【あらすじ・感想】/箱根駅伝ファンが解説

https://twitter.com/kazetsuyo_anime/status/1064919806476902400

風が強く吹いている第8話『危険人物』のあらすじ・感想、

あと細かいところの解説になります!

スポンサーリンク

風が強く吹いている第8話

あらすじ

スポンサーリンク

・反省会

カケルが走ってアオタケに戻ってくると、
打ち上げが行われていました。
それぞれが愚痴を言い合った後、
ハイジが「試合と練習じゃ条件が違う
違いが分かったのが大きな成果だ」
とまとめたあと、カケルがきつく声を上げる

「間に合うのですか?こんな感じですで」
「反省会?宴会ですよね」
それでもそんなにムードが変わらないことに対し・・・

「ふざけんなって!」
グラスを乱暴に置いて出ていってしまった。

・カケル×ニコチャン

反省会を解散した後、台所で水を飲むカケルに
ニコチャンが話しかける
ニコチャン「なあ、俺はどうすればいい?身体が重い、肉や骨は削れない
俺の体格は長距離に向かない、監督言われた その時はスッキリしたんだよ」
カケル「でも、俺に話したってことは諦められないってことですよね?」
ニコチャン「悔しかったけど、嬉しかった、
スタートする瞬間の感覚をまた味わうことができた」
カケル「なら続けるべきです、絞りましょとことんまで」
裏でユキが聞いているのを2人は知る由もなかった

次の日の朝練、
カケルとニコチャンは既に自分たちでスタート
ハナちゃんの河川敷の掛け声にも応じず、黙々と走りこむ

・暴走が加速するカケルに、無理を重ねるニコチャン

その日の練習、インターバル走が追加となる。
ユキ「疲労度高いし、脚に負担がかかるんだよな?」
ついにヤル気になったのかといじるみんなに
ユキ「身体壊したら元も子もない」と言う

練習の終わり、
信号待ちのカケルに、神童とムサが追いつく
カケル「夜ジョグは?」
神童ムサ「本練習で疲れたし、今日は…」
カケル「プラスマイナスゼロで意味がない」
神童ムサ「夜ジョグは後援会の目的もある、疲れてる中出ても…」
信号が変わる頃には全員追いついてきた
カケル「せっかく始めたのですから最後まで続けましょう」
そう言い放ち走り始めた。

夜、ニコチャンはお風呂で体重を測るも減っておらずため息


その日の夕食を早めに切り上げる
「タバコを吸わなくなって、飯がうまいうまい」
と余裕な感じで部屋の外に出ていくが…

夜ジョグにカケルが出かけようとしたとき
ニラに餌をやるハイジと出くわす
ハイジ「身体を休ませるのも大事なことだぞ」
カケル「大丈夫です。この1か月充分休ませてきましたから」
ハイジ「・・・」

次の日の練習のことだ
ハナちゃん「50秒2!」
ハナちゃんがカケルのタイムを読み上げると…
カケル「待って、ちゃんと計れてる!?
2週間前と変わっていないなんておかしい
後でもう1回走るから、きちんと計って」
ハイジ「カケル、メニューを守れ!それに、
ハナちゃんはちゃんと測っている」
カケル「・・・ごめん」

・そのほかの面子の動き

一番動きがあったのは王子
なんとルームランナーを購入しようとする
練習、練習言われ、漫画を読む時間を削られる
なので、せめて漫画を読みながら練習ができるようにしたいとのこと。
だが、ほとんどが5万円以上の価格に手が出ない

それを聞きつけた神童が
「実家に使っていないルームランナーがあるはず」
王子「神様!!」

さっそく届けてもらって設置する
スタートボタンを押すと、
普段より速いスピードで走り出す王子を、双子らが面白がる
なお、王子は2階、真下の部屋がなんとカケル
怒りを買ってしまっているが…

また、就職活動が厳しかったはずのキングが上機嫌
就職活動で駅伝のことを話したら、受けが良かったそうで
神童が買ってきた『箱根駅伝春号』の雑誌から、
「8区の難所は?」「簡単、遊行寺坂」と答えていました。

・ハイジの怒りも聞かず…

ハイジ「お前は次の記録会に出なくていい
公認記録出せていないメンバーだけで出場する」
カケル「どうしてですか?タイムが伸びていないからですか?
それなら走れば調子は戻ります。
ハイジ「無駄だ お前は今、自分自身が見えていない」
カケルの表情が厳しくなる。そしてハイジも…

カケル「じゃあ、どこで俺は記録を残せばいい?」
ハイジ「記録会ならまだたくさんある
それに俺たちは箱根駅伝に標準を絞っている」
ガンッ!!カケルが拳をテーブルにたたきつける
カケル「この1年を全部無駄にしろというのか!?
今、記録を出しておかないと…」

ハイジ「記録が全てなのか?」カケル「は?」
ハイジ「お前の走りというのは、スピードだけを求め、
遅れるものを置き去りにするような走りなのか」
カケル「俺たちがやっているのは競技です。
箱根予選にも出場できるか定かではないのに、
あの人たちに合わせて、”なぁなぁ”で走っても
ハイジ「”なぁなぁ”で走っているものは、ここにはいない!!」
ハイジが声を荒げる

ハイジ「みんなが精一杯努力している なぜ認めようとしない
お前よりタイムが遅いからか お前の価値基準はスピードだけなのか
だったら走る意味はない、新幹線に乗れ、飛行機に乗れ!その方が早いぞ

気づけよカケル、速さを追い求めるだけじゃダメなんだ!
そんなのは…空しい…」

王子「何?喧嘩?」
喉が渇いた王子が台所にやってくる
カケル「王子さん、もし次の記録会で、
前と同じような成績しか出せなかったら…

メンバーから外れてもらいますか

お願いします チームの為に

スポンサーリンク

感想

・カケルの暴走とチーム

もう今回は、この部分一転に絞ってもいいですよね。

もう暴走の原因は主に2つ
記録会の結果、藤岡選手らに大きく突き放されたこと
その藤岡選手に、「箱根を目指すんだろ」と声をかけられたこと

この2つがカケルに大きなプレッシャーとなっています。
そして、藤岡選手とのやり取りを他の面子は知らない…

そこで溝が浮き彫りになっています。

タイムだけを追い求めて、それより遅い者に罵声を浴びる…
カケルの大嫌いなはずの仙台城西高の監督に似てしまってるのが
見てて辛くなってきますね…

・カケルの言ってることも分かる

前回の記録会結果で、本当ならメンバー全員に
お尻に火がついてほしいのは、陸上長距離の厳しさを知るカケルには
もどかしいところはあるのだと思います。

それでも、それぞれの努力とペースがあります。
特に今回のチームは、10人メンバーギリギリ、
しかも力量に相当の差がありますから、
それを認めていくことでチームが活性化していくはずです。

これまで陸上をしていなった、離れていた選手たちが
精一杯やっているのです。王子さんも辞めないだけで
凄いことだと思うのです。
それだけでなく、ルームランナーまで買うのですから、
内面だいぶやる気になってると思いますよ。
(あのゾンビフォームが改善できればいいのですが…(笑))

それに、ニコチャンが心配ですよね。
体重が落ちなくて、食事制限も始めていますが、
非常に危険です。ある程度食べることも大事な訓練の一つです。
倒れる未来しか現時点では見えません。
そばで見ているユキがうまく見守ってくれればと…

・次回タイトル「ふぞろいの選手たち」
カケルは、それぞれの個性と努力を認めていく必要があるのですよね。
「ふぞろいの選手たち」をカケルが受け入れるて、
それぞれの支援をすることができるようになるか。

とはいえ、時間がないのも確かで、
次の記録会である程度短縮する必要があります。
王子がどういう行動をとっていくか、ここにも注目ですね。

スポンサーリンク

箱根駅伝ファンによるガチ解説

根っからの箱根駅伝ファンなので、
どうしてもアニメでは描き切れないルール的なところや
実際の状況・実態を
Q&A方式で解説していけたらと思います。

Q.記録会のタイム改めて

A.すみません。カケルとハイジさんだいぶ違ってました

最後のカケルとハイジの言い合いのシーンにチラリと写っていましたね。
カケル14分47秒81 公認記録
ハイジ16分20秒51 公認記録
ジョージ17分16秒27
ジョータ17分18秒62
ムサ17分23秒42
神童17分44秒19
ユキ17分51秒08
キング18分47秒32
ニコチャン18分56秒79
王子33分13秒13

こう見ると、カケルでもかなり苦しかった…
これを見ると。元13分台ランナーのカケルの焦りが分かるかも…
原作では14分09秒を既に出していますので、
今回ほどの焦りと暴走にはなってないのかもですね。

改変している部分をうまく活かしているともいえるかも…

Q. インターバル走とは?

A.早く走るのと、ゆっくり走るのを交互に繰り返します。

長距離をするにあたって、脚力と心肺機能を鍛えるのは言うまでもなく、他のビルドアップ走もそれにあたります。

インターバル走は特にスピードを重視します。

例として、
・400m×10本、繋ぎは200mジョッグ
・1000m×3本、繋ぎは200mジョッグ
・10分全力走、10分のジョッグ

こんな感じですかね。早く走るのとゆっくり走るのを繰り返します。
なお、心肺機能を鍛えますので、歩く・立ち止まるはNGです。

早く走る部分を全力でできればもちろんいいのですが、
8割~9割程度、また目標のスピードタイムがあるならそれより少し上くらいに
設定したり、臨機応変に対応する感じですね。

Q.神童が持っていた雑誌は?

A.陸上競技マガジン増刊号『箱根駅伝2018春号』モチーフ

陸上競技マガジンという陸上関連の雑誌がありまして、
毎月14日に発売されるのですが、
箱根駅伝や大学駅伝は特に一般の人からも人気があるということで、
増刊号が出されています。

春号・夏号(新入生特集)・秋号・箱根駅伝直前号とあります。

さっそく神童さん購入して勉強熱心です!!

(ただ、日本人の紹介が一人…売れなさそう^^;)

使用した画像はすべて、アニメ8話内のものであります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする